› <TAG>Toyota Art Gene › 2月

2018年02月18日

【演劇】名古屋市芸術創造センター 演劇アカデミー修了公演『科学する探偵』(2/24・25)


名古屋市芸術創造センター 演劇アカデミー修了公演
「科学する探偵~名古屋から乱歩を支えた作家・小酒井不木の生涯~」


【日時】
2月24日(土)19時開演
2月25日(日)15時開演

【会場】名古屋市芸術創造センター ホール

【料金】<全自由席>
一般2,000円、学生(高校生以下)1,500円
※未就学児入場不可。

【作・演出】はせひろいち

【出演】
演劇アカデミー受講生
佃典彦、天野天街、火田詮子、小熊ヒデジ

【問合せ】名古屋市芸術創造センター TEL:052-931-1811
  

Posted by <TAG>事務局 at 07:17Comments(0)2月

2018年02月15日

【ダンス・演劇・音楽】「東京キャラバン in 豊田」プレイベント 参加パフォーマー募集!

東京キャラバンin豊田


「東京キャラバン」総監修・野田秀樹が、「人と人が交わるところに『文化』が生まれる」をコンセプトに、日本や国境を越えた多種多様なアーティストに呼びかけ、おおよそ交わることのない表現者たちが”文化混流”することでうみだされる、全く新しい表現を融合させたパフォーマンスを創作。2015年より日本各地、そしてブラジルで、そのパフォーマンスを発表し、他では見ることのできない唯一無二の「文化サーカス」として進化し続けてきた文化ムーブメントです。

始動から4年目を迎え、全国各地から「東京キャラバン」の開催を待ちわびる声が届く中、2018年3月、「東京キャラバン」開催候補地である愛知県豊田市にて、プレイベントの開催が決定しました。2017年の「東京キャラバン in 熊本」のリーディングアーティストとして熊本のアーティストや観客を巻き込み、大盛況のイベントを創出した、振付家・ダンサーである近藤良平。 近藤が呼びかけた「東京キャラバン in 熊本」参加アーティストたちが再集結し、豊田市で活躍する地元のアーティストや豊田市のみなさんと出会います。

そこで「東京キャラバン in 豊田」ワークショップに参加し、一緒にプレイベントを盛り上げてくださるパフォーマーを大募集します。
表現ジャンル、プロ・アマは問いません。東京キャラバンで新しい表現を一緒に作り上げてくれる方、我こそは!と、表現したいことがある方、奏でたい方、歌いたい方、踊りたい方、ぜひ、”チーム・東京キャラバン”として、一緒に楽しみましょう。
たくさんのご応募、お待ちしています。


「東京キャラバン in 豊田」プレイベント
日時:2018年3月18日(日)10:00~15:00
会場:豊田市駅西口ペデストリアンデッキ広場
観覧:無料、申し込み不要、出入り自由



【応募条件】
・パフォーマンスを披露できる方(表現ジャンル、プロ・アマ不問)
・2018年3月17日(土)、18日(日)の両方参加できる方
 ※17日はリハーサルを予定しています。

【応募方法】
代表者氏名、人数、表現ジャンル、電話番号を明記の上、tokyocaravan@artscouncil-tokyo.jpまでメールでお申し込みください。
※お預かりした個人情報は、本事業の運営及びお知らせにのみ使用します。


【募集期間】
2018年1月22日(月)~3月2日(金)17:00まで


【お問い合わせ】
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)事業調整課 
TEL:03-6256-8435
  

Posted by <TAG>事務局 at 15:51Comments(0)音楽2月募集アート・その他

2018年02月15日

【アート・音楽】とよた市民アートプロジェクト『最初の晩餐(The First Supper)』

最初の晩餐



2017年11月に第一弾企画『On Stage ! On High School』を開催し、長く閉ざされていた旧豊田東高校をアートの場所として開いた「Recasting Club」。第二弾企画では数年前までビジネス旅館として営業していた「旧波満屋旅館」を誰もが自由に使うことのできる「とよた大衆芸術センター [TPAC] /Toyota Popular Art Center [TPAC]」としてオープンします。今回はそのキックオフイベントとして、アーティスト・ユニット「ナデガタ・インスタント・パーティー」とともに、ワークショップや晩餐会を企画しました。題して「最後の晩餐(The Last Supper)」ならぬ「最初の晩餐(The First Supper)」。館内に張り巡らされたテーブルや映像装置を囲み、ちょっと不思議なディナーショーを開催します。立ち寄り、楽しんでいただくのはもちろん、この場をさらに広げていくのはこれから参加していただく皆さんです。ぜひご参加ください。


日時:2018年3月4日(日)14:00~20:00(18:00~19:30 晩餐会)
会場:とよた大衆芸術センター [TPAC]
住所:旧波満屋旅館 豊田市小坂本町4丁目7番18
参加費:入場無料(一部ワークショップ・晩餐会 有料)
内容:14:00~18:00:食や身体をテーマとした様々なワークショップ・展示・体験ブースなど
   18:00~19:30:晩餐会(室内各所を繋ぐテーブルにて各ワークショップの成果をディナーショー形式で発表)


===とよた大衆芸術センター [TPAC] とは?
「とよた大衆芸術センター [TPAC] /Toyota Popular Art Center [TPAC]」と名付けられた本施設は、豊田市駅から徒歩10分、愛知環状鉄道線の高架下沿いに位置する、かつては多くの人で賑わうビジネス旅館でした。モスグリーン色のタイルが特徴的な外観で、たくさんの小さな洋室と畳敷きの和室、大浴場や厨房、食堂を兼ね備えています。役目を終えたこの建物を、みんなが自由に集い活動の拠点とできるような大衆芸術センターへとリキャスティングします。


  

Posted by <TAG>事務局 at 15:30Comments(0)音楽2月アート・その他

2018年02月02日

【ビデオ塾入門講座】気軽に始めよう!シナリオ講座(2/8、15、22)


映画製作についてを学ぶ初心者向けの『ビデオ塾入門講座』を3回連続。
作品の命でもある脚本の書き方のコツを学びます。

【と き】 2月8日・15日・22日 午後7時~ 8時30分(毎回木曜日)
【ところ】 豊田市視聴覚ライブラリー(豊田市挙母町3-59)
【講 師】石黒秀和氏 富良野塾出身・脚本家・演出家・日本劇作家協会所属・とよた演劇協会会長
【内 容】 脚本作りのノウハウを学ぶ
【対 象】 全日参加できる高校生以上
【定 員】先着20名
【参加費】1,000円
【申込み・問合せ】電話で視聴覚ライブラリー  Tel:0565-33-0747  

Posted by <TAG>事務局 at 08:03Comments(0)映像2月

2018年01月04日

【演劇】とよた演劇アカデミー第10期生修了公演『10回唱えた、そのあとは』(2・11)


受講生が作り上げた、バラエティ豊かな短編3本を上演します。
10年間歩んできた”とよた演劇アカデミー”今期がラストです!
是非、ご来場ください。


【とき】
平成30年2月11日(日)①13:00~ ②17:00~
(開場は開演の30分前)

【ところ】豊田市民文化会館 小ホール

【内容】
バラエティー豊かな、受講生オリジナル3本立て!
とあるお役所日誌/つり橋を渡って/鬼怨

【出演】
team 10+(とよた演劇アカデミー10期生)

【入場料】
一般:1000円 中学生以下:500円 全席自由
※未就学児の入場はご遠慮ください

【申込み】
※1月5日(金)9:00より発売
豊田市民文化会館(小坂町12-100)、開館時間9:00~21:30(月曜休館日、祝日の場合は開館)
Web予約 https://www.quartet-online.net/ticket/tenpura

【問合せ】
(公財)豊田市文化振興財団 文化事業課 ℡0565-31-8804

≪Twitter≫ @TEAM10⁺

◆とよた演劇アカデミーとは
総合芸術である演劇を通して様々な舞台芸術の基礎を1年間かけて学び、成果発表として受講生が役者だけでなく音響、照明、演出、舞台監督、広報、チラシデザイン等も自ら手掛け修了公演を実施します。

  

Posted by <TAG>事務局 at 06:58Comments(0)2月

2017年03月03日

【<TAG>通信映像版】2017年2月号「建築家から見た豊田の文化・アート、これからの展望」ゲスト小野健氏アップしました

<TAG>通信[映像版]の第8回をアップロードしましたので、どうぞご視聴ください。
※映像はYouTubeにアップされています。視聴無料です。

<TAG>通信[映像版]とは
豊田及びその周辺地域の、演劇・映像・音楽・アート、その他面白そうなことについてテーマを設定し、<TAG>発起人の石黒秀和と清水雅人がホストになり、ゲストを迎えてテーマについて議論します。ゲストから、テーマの事業のなりたちや経緯、関わっている方たちの想い、現状やこれからの期待と課題などについて話を伺います。
月1回のペースでアップしていく予定です。

第8回「建築家から見た豊田の文化・アート、これからの展望」
ブロック1/本編:第8回(2017年2月号)の本編では「建築家から見た豊田の文化・アート、これからの展望」と題して、建築家/デザイナーの小野健氏をゲストに迎え、小野氏が現在関わる様々なまちづくり事業について、建築家から見た文化・アートについて議論します。 → https://youtu.be/xbo-EuxeIXM
小野デザイン事務所サイトhttp://onoaa.com/
STREET & PARK MARKETサイトhttp://sp-market.org/
STREET&PARK PROJECTフェイスブックページhttps://www.facebook.com/StreetParkProject/
コンテンツニシマチフェイスブックページhttps://www.facebook.com/CONTENTS.nishimachi/

ブロック2/情報編:3月~4月の豊田での文化芸術に関するイベントを中心に紹介します → https://youtu.be/sCkWfbbHaQ8
○Star☆Thttp://star2t.com/
○劇団I&I公演「キネマの天地」http://ameblo.jp/gekidanaiai/
○とよたアニメシネマフェスティバルhttp://tacf.jp/
○「ふだんからぶたい」パフォーマンスワークショップ http://tagjim.boo-log.com/e396624.html
○「演劇集団∞~むげんだい~」プロデュース『☆彡 演劇クラブ 小宇宙 ☆彡』第一期メンバー募集http://tagjim.boo-log.com/e396709.html
○劇団あおきりみかん豊田公演「ルート67」作・演出/鹿目由紀 http://www.cul-toyota.or.jp/eventda/e...
○劇団カレイドスコープ公演「その気」http://tagjim.boo-log.com/e397052.html
○とよた演劇祭 https://toyotaengekisai.jimdo.com/
○とよたデカスプロジェクトhttp://decasu.jp/
○映画「星めぐりの町」http://hoshimegurinomachi.jp/index.html

<TAG>サイトトップページでも見られます → http://toyotaartgene.com/
<TAG>のYouTubeチャンネル → https://www.youtube.com/channel/UCIjZssyxVzbc1yNkQSSW-Hg

拡散用画像
  

Posted by <TAG>事務局 at 18:43Comments(0)2月アート・その他<TAG>通信映像版

2017年02月23日

【<TAG>通信[映像版]】公開収録のご案内~ゲスト小野 健氏(2/24)

2月の<TAG>通信[映像版]のゲストは、建築家であり、豊田のまちづくりにも様々な形でかかわられている小野 健さんです。
現在の活動やデザイナー・建築家から見た豊田市の文化、アートについてのお話しなど伺います。

<TAG>通信[映像版]公開収録
【日時】2月24日(金)19:00〜(1時間30分程度)
【会場】とよた市民活動センター(豊田市駅前松坂屋上階) 

どなたでも見学可、途中入退場可です。どうぞ気軽にお越し下さい!  

Posted by <TAG>事務局 at 18:29Comments(0)2月<TAG>通信映像版

2017年02月22日

【映像】小坂本町一丁目映画祭Vol.14今週末開催!映画祭のあとの交流会参加者募集!


地元で作られた自主映画、全国から応募された自主映画を上映する小坂本町一丁目映画祭Vol.14はいよいよ今週末2月26日(日)開催です!映画祭のあとは、誰でも参加できる交流会も開催します!全国から来豊する上映監督や映画祭スタッフも参加します!どうぞお気軽に参加してください!

小坂本町一丁目映画祭Vol.14
【日時】2月26日(日)9:30開場10:00開演(終演18:30予定)
【会場】豊田市福祉センターホール
【入場料】入場料/当日500円 クーポン利用400円(小学生以下無料)
後援/豊田市 豊田市教育委員会 豊田市観光協会
協力/映画「星めぐりの町」を実現する会 三河映画ザ・フィルムズコミューン
上映作紹介、スケジュール、クーポンは小坂本町一丁目映画祭サイト → http://kozahon1.jp/vol14home.html

小坂本町一丁目クリエーター交流会
映画祭の後は、誰でも参加できる交流会を開催します!
映画祭上映作監督、映画祭スタッフ映画クリエーターが参加!
関係者以外の一般参加大歓迎です!遠慮せずふるってご参加ください!
【日時】2017年2月26日(日)19:30~(映画祭終了後)
【会場】TAIWAN BAR 台湾ケンタ コモスクエア店(豊田市喜多町3-110 コモスクエアEAST1F)
【参加費】3,000円(飲食代 のみ放題付)
申込は下記アドレスに、お名前、参加人数を明記してお送りください。2/25 21:00まで
info@kozahon1.jp  

Posted by <TAG>事務局 at 18:16Comments(0)映像2月募集

2017年02月15日

【演劇】2017とよた演劇祭で上演する戯曲をゆるっと募集しちゃいます!(2/20まで)




2017年、とよた演劇祭「第2弾」は、劇団の枠を飛び越えて上演予定の戯曲2作品のうち、1作品を公募しちゃいます!選ばれた作品は2017年7月22日(土)、23日(日)豊田産業文化センター小ホールにて上演します。演出は豊田で活動している駆け出しの演出家。4月には出演者オーディション開催予定。ゆるっと始まった小さなイベントが、ちょっと背伸びをしちゃったこの企画。みなさま、ゆるっとした気持ちでチャレンジしてみませんか?ご応募お待ちしております!!

<1:応募条件>
●一人一作品で日本語による戯曲。
●作品は上演時間40分~50分程度の戯曲でかつ著作権・上演権・出版権が応募者本人にあるものに限ります。
●登場人物は6人以上。
●テキストデータ(ワード形式)を提出。未完成の場合、400字詰め原稿用紙に換算でおおむね10枚程度
 ※募集期間が短いため、あらすじと未完成戯曲の状態でも審査対象とします。もちろん完成作品でもOK。書式は問いません。採用されましたら4~5月までに完成稿を提出して頂きます。
●豊田市内で行われる戯曲会議に参加できる方(平日夜を予定)
●上演に際して、作者承諾の上で作品を改変・翻案する事に同意できる方。
●採用作品の著作権は作家に帰属しますが、2017年とよた演劇祭開催中の上演権は、とよた演劇祭実行委員会に帰属します。

<2:応募方法>
●作品原稿(表紙含む)をテキストデータ(ワード形式)で下記応募先まで送付してください。
●表紙には作品名、作家名、枚数(400字詰換算)、登場人物、200字程度のあらすじを必ず記載してください。
●1 氏名(ペンネームの方は本名も)、2 住所、3 電話番号、4 メールアドレス、5 生年月日、6 略歴(演劇活動、他、簡単な経歴)を記載した別紙を送付してください。
●既成の戯曲、小説、映画などから引用した場合は、その作品名および引用箇所を明記してください。

<3:賞金>
1万円(上演料を含む)

<4:応募先>
とよた演劇祭 戯曲受付係
E-mail:toyotaengeki@gmail.com

<5:応募締切>
2017年2月20日(月)必着!

<6:注意事項>
●応募書類は返却しません。
●応募条件に違反している事実が判明した場合、応募が無効となります。

<7:選考委員>
とよた演劇祭実行委員会 

<8:採用作品の発表>
2017年3月上旬予定。応募者全員にメールにてご連絡いたします。

<9:問合せ先>
とよた演劇祭実行委員会 E-mail:toyotaengeki@gmail.com

<10:主催>
とよた演劇祭実行委員会 公益財団法人豊田市文化振興財団 とよた演劇協会

☆とよた演劇祭オフィシャルサイト https://toyotaengekisai.jimdo.com/   

Posted by <TAG>事務局 at 02:15Comments(0)2月募集

2017年02月10日

【映画】小坂本町一丁目映画祭Vol.14上映作決定!特別企画も満載です!(2/26)



地元で作られた自主映画、全国から応募された自主映画を上映する小坂本町一丁目映画祭も今回で14回目!
今回は、これまでで一番多い15作品を上映!(5~30分作品)。いつにもまして”良質”な映画(なんていうんでしょうか、”地味だけどいい映画”が多いです)が揃ってます!どうぞご来場ください!
映画館では観られない映画がここにある。

小坂本町一丁目映画祭Vol.14
【日時】2017年2月26日(日)9:30開場10:00開演
【会場】豊田市福祉センターホール(豊田市錦町1-1豊田警察署西 駐車場あり)
【入場料】当日500円 クーポン利用400円(小学生以下無料) ※クーポンは映画祭サイトにて 入退場自由
【後援】豊田市 豊田市教育委員会 豊田市観光協会
【協力】映画「星めぐりの町」を実現する会 三河映画ザ・フィルムズコミューン

上映作品、スケジュール等詳しくは → http://kozahon1.jp/vol14home.html

小坂本町一丁目映画祭とは。

●日本映画界に多くの才能を送り出し続け、撮りたいものを撮りたいまま撮ってしまう純粋さと乱暴さを合わせもちながら、自分が住む街を舞台にそこに住む人たちにカメラを向け続ける―――自主映画。
小坂本町一丁目映画祭は、地元の、全国の、自主映画を上映する映画祭です。
●主催する有志メンバーも、地元で映画製作を続けている人たちであり、「作った映画をよりたくさんの人に見てもらいたい」という映画クリエーターの想いと、「映画祭を楽しみたい」という来場者の気持ちを大切に、日本一あったかい映画祭を目指して続くけてまいりました。
●小坂本町一丁目映画祭は、コンテストではありませんので、審査や投票はありません。映画と、いろんな人との交流を楽しんでいただく映画祭です。そして、映画館では見られないもう1つの映画-自主映画-を、たくさんの人たちに観てもらうことを目指した映画祭です。

バラエティに富んだ上映作、上映の他にも内容もりだくさん。
●今回は、これまでにもましてじっくりと魅せる映画が揃いました。これまでで一番多い作品を上映予定!女性監督作が4本も!地味だけど心に刺さる作品に出会えます!
●豊田周辺で制作された地元作品も2作品あります!
●全国から上映作品監督や出演者が来場!
●豊田市内の小学生による「スマホで1分間映画を作ろう!」ワークショップ作品10本を特別上映!今年4月に豊田市内で撮影が行われる映画「星めぐりの町」PRタイムには応援団長Star☆Tが来場!先ほどクランクアップした三河映画弟2弾「Ben-Joe」初出し予告編も上映!  

Posted by <TAG>事務局 at 19:59Comments(0)映像2月