› <TAG>Toyota Art Gene › 演劇 › 6月 › 【演劇】ハラプロジェクト公演『藪の中』(6/2・3)

2018年05月20日

【演劇】ハラプロジェクト公演『藪の中』(6/2・3)


昔々その昔
太陽の下で
月の下で
大地から生まれた芝居。
今再び現る。
橋の下「藪の中劇場」
・・・・・・無電力芝居。


ハラプロジェクト公演「藪の中」
構成・演出/原智彦 原作/芥川龍之介


【場所】豊田大橋の下 千石公園
 「橋の下世界音楽祭」キャンプサイト北端、矢作川ほとり
橋の下世界音楽祭 SOUL BEAT ASIA 2018
https://soulbeatasia.com/2018/

【日時】 2018年6月2日(土)・3日(日)
 太陽の下で16時頃〜  月の下で19時頃〜
 (天候等で変更有り。当日、ハラプロジェクトHPもしくはSNSでご確認ください)http://haraproject.com/
【見料】 タマシイの芝居にはタマシイ(投げ銭)でキャッチボール!

【出演】 木こり:尾﨑優人/旅法師:渡辺泉/放免:今藤敦雄/媼:渡辺満代/多襄丸:マユズミヨシズミ・江渡英雄/女:磯和真帆・進智恵子/夫:藤井朋子・磯和真帆

【音】 越前琵琶法師 安井旭道 + 風音・川音・虫の音

【見所】 時空を越え、中世の藪の中へひとっ飛び・・・
・・・藪の中で一人の男が死んでいる。
・・・一体ナニが起こったのか。
ダレも真実は知らない。
・・・一体ナニが?
登場人物は七名。
それぞれの証言もしくは告白はどれも真実なのか・・・
・・・ひとつの死に無数の真実が有るのか・・・今は昔、昔は今。
・・・無数の生と死が、無数の真実をはき出す、無数の。

無数の仮面に埋もれた私。
・・・アンソールの画「仮面の中の自画像」の様に。

「橋の下」でハラプロジェクトは常に新しい試みを続けてきた。
「草原歌舞伎」「お客様の懐中電灯芝居」一夜にして出現「幻の芝居小屋」「100人HAIKAI」など。
そして今回、生声で生音で太陽の下で月星の下で、地面にお尻を下ろし、今は昔、昔は今のひとときを味わおう。
太古より続く本当の「芝居」にぜひ立ち会っていただきたい。

今後共、私はこの橋の下で電力とは何か問い続けます。

原智彦


同じカテゴリー(演劇)の記事画像
【演劇】戯曲セミナー優秀短編戯曲上演会(3/23)
【演劇】長久手市劇団 座☆NAGAKUTE 第31回公演「ボクはヒロイン」(3/16・17)
【演劇・その他】講演会「介護と演劇」(3/20)
【演劇】劇団I&I 第7回公演「花も嵐も」(3/16・17)
【演劇】愛知淑徳大学演劇研究会「月とカニ」公演「広くてすてきな宇宙じゃないか」(2/8~10)
【演劇】江古田の佐野企画「春、さようならは言わない」(3/9・10)
同じカテゴリー(演劇)の記事
 【演劇】戯曲セミナー優秀短編戯曲上演会(3/23) (2019-03-13 10:00)
 【演劇】長久手市劇団 座☆NAGAKUTE 第31回公演「ボクはヒロイン」(3/16・17) (2019-03-11 10:00)
 【演劇・その他】講演会「介護と演劇」(3/20) (2019-03-10 10:00)
 【演劇】劇団I&I 第7回公演「花も嵐も」(3/16・17) (2019-02-15 20:05)
 【演劇】愛知淑徳大学演劇研究会「月とカニ」公演「広くてすてきな宇宙じゃないか」(2/8~10) (2019-02-04 21:54)
 【演劇】江古田の佐野企画「春、さようならは言わない」(3/9・10) (2019-02-04 21:28)

Posted by <TAG>事務局 at 07:00│Comments(0)演劇6月
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。