› <TAG>Toyota Art Gene

2019年03月13日

【募集】とよたデカスプロジェクト2019 アートプロジェクト企画案募集



 とよたデカスプロジェクトは、あなたが考える豊田市の「宝」(自然、歴史、町並み、建物、特産品、そこに暮らす人々やその営みなど)を参加者と共有することや、その魅力を市内外へ発信するためのアートプロジェクトの企画案を募集し実現をサポートする事業です。
 参加者と一緒にどんなものを「デカス」ことができるか。最初の一歩を踏み出したいという方から、大胆な試みに挑戦したいという方まで、あなたのチャレンジをお待ちしております!入選したプロジェクトには、実施後に賞金を交付します。 応募要項など詳細は下のリンクからWEBページにてご確認ください。

☆応募受付
2019年3月8日(金)~4月15日(月)
※詳しい説明をご希望の方は事務局までご連絡ください。

http://decasu.jp/oubo2019/
  

Posted by <TAG>事務局 at 17:00Comments(0)募集

2019年03月13日

【演劇】戯曲セミナー優秀短編戯曲上演会(3/23)




長久手文化の家アートスクール
戯曲セミナー優秀短編戯曲上演会
「タコ いい湯よ。アジ 押すなよ。秘書 さ」

とき:3月23日(土)18:30開場 19:00開演
場所:長久手文化の家 風のホール

受講生が書き下ろした短編戯曲(上演台本)を上演します。台詞チックなタイトル(!)は毎年恒例、作家の氏名とタイトルの頭文字を使ったアナグラムです。実は一文字ズルしていまして…判りますか?

【プログラム】
第1話 市瀬佳子「夜明けにくれた」
第2話 日坂朱里「サバ缶ダバダバ」
第3話 鷲見井津子「人生の答合せ」
第4話 田村優太「怖い教師」
第5話 オオノショウヘイ「波のアーカイブ」
【講師・演出】
はせひろいち

申込み・問い合わせ
長久手市文化の家 愛知県長久手市野田農201番地, 480-1166 電話:0561-61-3411
休館日:原則月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)及び年末年始 開館時間:9:00~22:00(受付は21:00まで)  

Posted by <TAG>事務局 at 10:00Comments(0)演劇3月

2019年03月11日

【演劇】長久手市劇団 座☆NAGAKUTE 第31回公演「ボクはヒロイン」(3/16・17)



長久手市劇団 座☆NAGAKUTE 第31回公演「ボクはヒロイン」

とき:2019年3月16日(土曜日)14時00分開演|19時00分開演 17日(日)14時00分開演
場所:長久手文化の家 風のホール

「身代金は私とジャンの結婚よ!」
今日はフランスの老舗劇場ビクトル座の『恋はでまかせ』の初日。
主演はビクトル座支配人・エドモンの娘でアイドル女優のシャルロット。
今回の公演は、経営に行き詰まるビクトル座にとって起死回生をかけた大事な公演である。
しかし、公演直前にシャルロットが行方不明となり劇場は大騒ぎ!
なんと彼女は、恋人のジャンとの結婚を父親に認めさせるために逃亡したのだった。
劇場には、スポンサーや初日を楽しみにした観客たちが続々と集まってきている…。
はたして無事に『恋はでまかせ』初日の幕は上がるのか?!

作者
M.ガブリエル
演出
佃典彦
キャスト
シャルロット・ローラン…谷内範子 エレーヌ・ラウラ…小久保由里 ジャン・ブロー…しずはたまこと シャルル・デュマ…伊藤靖徳 エドモン・ローラン…多嘉山秀一 フェルナン・ジャコブ…吉本陽子 アンセルム・ギャバン…住奥まさか2 アンヌ・デルモット…榊原みどり クロード・デュマ…青山恵 モーリス・ドルレアック…あぼともこ ポール・ザレル…のりづきみな ケヴィン・ナルボニー…古河初美 マリエル・ローラン…西尾寿江 フローラ・ルルー…瀬戸深雪 バローン…山田めぐみ ビローン…すがとも べローン…林倫
スタッフ
舞台監督…近藤朋文 舞台美術…松本ひろし(ステージクラフト三舞) 照明…村瀬満佐夫 音響…椎名KANS(Garage inc.) 衣装…木場絵理香 小道具…座☆NAGAKUTE 宣伝美術…大瀧琴美(愛知県立芸術大学) イラスト…三代沢徹
料金
前売:フレンズ会員1,000円、一般1,200円、高校生以下800円
当日:フレンズ会員・一般1,500円、高校生以下1,000円
全席自由
未就学児の入場はご遠慮ください。
前売完売の場合、当日券は発売されません。
車いす席をご希望の方はお問合せください。
チケット発売日
12月1日(土曜日) フレンズ会員先行発売
12月8日(土曜日) 一般発売
チケットの取扱い場所
長久手市文化の家 0561-61-2888(チケット専用 ※電話予約は発売日の翌日から)
Nピア(アピタ長久手店1F) 0561-63-9200 窓口販売のみ
チケットぴあ(外部リンク) 0570-02-9999(Pコード490-841)フレンズ発売なし
主催
長久手市  

Posted by <TAG>事務局 at 10:00Comments(0)演劇3月

2019年03月10日

【アート】農村舞台アートプロジェクト 2019「アートで蘇るとよたの農村舞台群」アート作品募集




10周年を迎える豊田市の「農村舞台アートプロジェクト」
本年の出展作品を募集します!!

締切
2019年03月17日 (日)
作品提出・応募締切、消印有効


●出展者 10万円を謝礼として支払い

募集内容
農村舞台の新たな可能性を表現できるアート作品
※作品のジャンルや手法、素材、形態、サイズは不問
※展示する農村舞台や近隣の自然や景観等を活かした作品であること
※展示会場で展示が可能で、原状回復ができる作品
※応募作品が開催期間中、良質な状態が維持されること
※第三者の知的財産権を侵害しない、公序良俗に反しない作品

提出物
●応募用紙(公式ホームページよりダウンロード)
●これまでの作品をまとめた用紙
※様式不問、展示会の様子・作風が分かるもの・ラフスケッチ等をまとめた用紙(A4縦位置、片面使用、自由表記、2枚以内)

参加方法
提出物を下記提出先まで郵送、もしくはメールにて送付

参加資格
不問
※二次審査(面接選考2019年4月13日・14日〈いずれかの日で一人30分程度を予定〉)に参加できること
※開催中、会場にて来場者に展示解説等ができること(開催中の土日で2日間程度)

参加費
無し

審査員
かとうさとる(いけばな文化研究所主宰)
伊丹靖夫(白土会会員)
中根栄二(彫刻家)
著作権の扱い
作品の著作権は応募者に帰属

主催
公益財団法人 豊田市文化振興財団

提出先・問合先
【送付先】
〒471-0035
愛知県豊田市小坂町12-100
農村舞台アートプロジェクト 2019 事務局 TR係
mail : toyo-cul@hm2.aitai.ne.jp
【問合せ先】
公益財団法人 豊田市文化振興財団 文化部 文化事業課
(豊田市民文化会館内)
tel : 0565-31-8804 / fax : 0565-35-4801
mail : toyo-cul@hm2.aitai.ne.jp  

Posted by <TAG>事務局 at 20:55Comments(0)3月アート

2019年03月10日

【演劇・その他】講演会「介護と演劇」(3/20)




講演会「介護と演劇」

とき:平成31年3月20日(水曜日)13時00分開場 13時30分開演
場所:長久手文化の家 光のホール

家族が認知症になったら、俳優デビューしよう!
あなたの大切な人が認知症になった時、幸せでいられる知恵を一緒に学びませんか?
認知症になると、物忘れや勘違いが増え、何かをするのに時間がかかり、ときに失敗をしてしまう…。しかし、それは認知症になったら必ず生じる中核症状が原因です。
そんなとき、介護者に求められるのは、ぼけを正すことではなく、ぼけを受け入れることなのではないか。たとえ現実ではありえないこと、常識では間違ったことだとしても、相手のストーリーを引き受けて演じることで、お互いの関係を良好に保てるのではないか。
この講演会では、岡山を拠点に活動する劇団OiBokkeShiの活動を通して「老い」「ぼけ」「死」を芸術文化の価値観でとらえ直し、介護が本来持っていた「創造性」について考えます。


講師
菅原直樹(OiBokkeShi)
1983年栃木生まれ。俳優、介護福祉士。桜美林大学文学部総合文化学科卒。「老いと演劇」OiBokkeShi主宰。平田オリザが主宰する劇団「青年団」に俳優として所属。小劇場を中心に前田司郎、松井周、多田淳之介、柴幸男、神里雄大の作品などに出演する。2010年より特別養護老人ホームの介護職員として勤務。2012年、東日本大震災を機に岡山県に移住。認知症ケアに演劇的手法を活用した「老いと演劇のワークショップ」を全国各地で展開。超高齢社会の課題を「演劇」というユニークな切り口でアプローチするその活動は、演劇、福祉・介護のジャンルを越え多方面から注目を集める。

定員
80名 先着順

料金
無料(要申込)

申込
3月2日(土曜日)より文化の家1F受付へお申込ください。翌日より電話申込可。
長久手市文化の家
愛知県長久手市野田農201番地, 480-1166 電話:0561-61-3411
休館日:原則月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)及び年末年始 開館時間:9:00~22:00(受付は21:00まで)

主催
長久手市  

Posted by <TAG>事務局 at 10:00Comments(0)演劇3月その他

2019年03月06日

【音楽】2020年豊田国際紙フォーラムのプレイベントコンサートを開催!(3/10・24)



「日本・リヒテンシュタイン公国 友好100周年記念コンサート」開催!
~PAPER TOYOTA 2020 プレイベント コンサート~


 2020年豊田国際紙フォーラム実行委員会は、2020年豊田国際紙フォーラムのプレイベントとしてクラシック音楽のコンサートを開催します。コンサートは、スイスを拠点に若手音楽家を育成する団体「アヤメ基金」と共催で行います。同団体と協力して、世界で活躍する若手音楽家のコンサートを豊田市で開催し、紙フォーラムをPRするとともに、文化的国際交流を図ります。

【とき】平成31年3月10日(日曜日)、3月24日(日曜日)
    午後3時~4時45分

【ところ】豊田市能楽堂(豊田市西町1丁目200番地)

【内容】
•10日:ヴァイオリン&チェロのコンサート
出演者 山下汀楽、アレッサンドラ・ドニネッリ
•24日:バロックヴァイオリン&チェンバロのコンサート
出演者 ヨハネス・ケラー、アナイス・チェン
※当日は、紙フォーラムをPRする展示を行います。

【定員】各先着450人

【入場料】2,500円

【申込み】
豊田市和紙のふるさとTel: 0565-65-2151
豊田市コンサートホール・能楽堂事務室 Tel: 0565-35-8200

【問合せ】2020年豊田国際紙フォーラム実行委員会事務局
(豊田市和紙のふるさと内)Tel: 0565-65-2151



  

Posted by <TAG>事務局 at 00:36Comments(0)音楽3月

2019年02月21日

【音楽】豊田ご当地アイドルStar☆Tおいでんまつりテーマ曲「おいでん」カバー収録CD発売、豊田縦断ツアー開催


豊田ご当地アイドルStar☆T(スタート)が、豊田おいでんまつりテーマ曲「おいでん」のカバーバージョンも収録した8枚目シングル「ご当地ソング」を発売、また、CD発売を記念して2/16~3/30にかけて豊田市内7ヶ所をめぐる豊田縦断リリースイベントツアーを開催します。
どうぞよろしくお願いします。

豊田ご当地アイドルStar☆T 8thシングル
「ご当地ソング」

HTPL-0025 1,000円(税抜)
2019年2月13日発売 販売元:豊田星プロ 流通:ダイキサウンド
※全国のCDショップ、オンラインショップにて購入できます。CD店に在庫がない場合はどうぞご注文取り寄せください。
※下記豊田縦断ツアーはじめStar☆T出演ライブでも販売中です。
“ご当地ソング”4曲を収録した究極のご当地ソング集!リード曲のタイトルはそのものズバリ「ご当地ソング」!
豊田ご当地アイドルStar☆Tの新境地!豊田おいでんまつりテーマ曲「おいでん」のカバーバージョンも収録!


Star☆Tニューシングル「ご当地ソング」発売記念 豊田縦断リリースイベントツアー

シングル「ご当地ソング」発売を記念して豊田市内7ヶ所をめぐるリリースイベントツアーを行います!ライブあり!地元紹介コーナーあり!CD販売・サイン会あり!
観覧無料 開場は開演の30分前 施設及び周辺に駐車場あり

小原
【日時】2月16日(土)13:00開演
【会場】寿楽荘
※終了しました
高岡
【日時】2月24日(日)17:00開演
【会場】高岡コミュニティセンター(豊田市高岡町長根51) 若林駅から高岡ふれあいバス「高岡コミセン」下車
足助
【日時】3月3日(日)14:00開演
【会場】寿ゞ家(豊田市足助町本町15) 豊田市駅から名鉄バス矢並線「香嵐渓一の谷口」下車
協力:地域人文化学研究所
高橋
【日時】3月9日(土)17:00開演
【会場】高橋コミュニティセンター(豊田市東山町2-1-1) 豊田市駅から名鉄バス高橋町経由東山住宅行 「加茂川公園」下車 又は 豊田市駅からとよたおいでんバス渋谷線「渋谷1丁目」下車
藤岡
【日時】3月23日(土)14:00開演
【会場】石畳ふれあい広場(豊田市石畳町池ノ平318-1) 豊田市駅からとよたおいでんバス藤岡・豊田線[加納経由]「藤岡支所」乗換 ふじバス三箇線、西市野々線 「石畳ふれあい広場」下車
※雨天の場合は体育館にて開催
協力:藤岡石畳地区地域づくり協議会
稲武
【日時】3月24日(日)14:00開演
【会場】どんぐりの里いなぶ(豊田市武節町針原22-1) 豊田市駅 又は 浄水駅からバス「足助」乗換 とよたおいでんバス稲武・足助線「どんぐりの湯前」下車 豊田市駅からとよたおいでんバス快速いなぶ「どんぐりの湯前」下車
※雨天の場合は中止
協力:どんぐりの里いなぶ
豊田 兼Star☆T定期ライブ18
【日時】3月30日(土)14:00開演
【会場】豊田市駅前シティプラザ(豊田市若宮町1-57-1) 豊田市駅前 T-FACE B館1階
※雨天の場合は中止  

Posted by <TAG>事務局 at 16:53Comments(0)音楽2月3月

2019年02月15日

【演劇】劇団I&I 第7回公演「花も嵐も」(3/16・17)


劇団I&I第7回公演
「花も嵐も」

2012年にみよしで旗揚げした劇団I&I(アイアイ)です。三好演劇塾の後継劇団として、泣いて笑って元気になれる あったか劇場をモットーに年1回のペースで活動しています。7回目の公演は毎年演出をしていただいている麻創けい子さんの作品。アイアイ用に少しリメイクしての上演です!

独身女4人が結婚式場を舞台に繰り広げる、どたばたコメディー!
花も嵐も踏み越えて幸せをつかもうとする女性たちへ
ちょっぴりお節介なエールを送ります ☆

ーー金鯱殿で式をあげる花嫁さんには、私の掴めんかった幸せをつかんでもらいたい。それが私の最後の夢です。ーー

チケット好評発売中!皆様お誘いあわせの上お越しください!

【日時】
3月16日(土)14:00/18:00 17日(日)14:00 開場は30分前

【場所】
名古屋市天白文化小劇場

【料金】一般2,500円 高校生以下2,000円(当日券は300円増し)
※全席自由

【作/演出】麻創けい子

【出演】亀子祐美、加藤祐子、長縄佳子、荒木慧、安田育未、なかとしお、渡邉美之、清水睦子、石黒寛、タケヤマタケゾウ、藤瀨響平、こつじまさのりTomomi、美咲友里 …ほか?

予約フォーム
http://ws.formzu.net/fgen/S94234739/

劇団ブログ
http://ameblo.jp/gekidanaiai/

問い合わせ
gekidanaiai@gmail.com
090-4468-0058

  

Posted by <TAG>事務局 at 20:05Comments(0)演劇3月

2019年02月14日

【映画】「星めぐりの町」地域上映会開催(2/17松平、2/23小原、3/16稲武)


2017年豊田市内で撮影され、2018年に全国公開された映画「星めぐりの町」の地域上映会が3ヶ所で開催されます。
どうぞご来場ください。

松平交流館開催
日時:2月17日(日)15:30~
会場:松平交流館
観賞料:大人1,000円 小学生以下500円(定員250名先着)
観賞前売発売中 松平交流館にて(問合せ58-0073)

小原交流館開催
日時:2月23日(土)昼の部14:00~ 夜の部18:00~
会場:小原交流館
観賞料:大人500円 高校生以下300円(定員各回300人先着)
申込不要 当日会場へお越しください
※小原地区在住の方限定となります、ご了承ください

稲武中学校開催

日時:3月16日(土)1部10:00~ 2部14:00~
会場:稲武中学校
観賞料:大人800円 高校生以下500円(各部定員150名先着)
観賞券引換 稲武交流館にて(問合せ83-1007)

映画「星めぐりの町」を実現する会と各交流館・コミュニティ会議等との共催事業となります。

「ものづくりの魂」と「こころの復興」を描く映画「星めぐりの町」
監督・脚本/黒土三男 出演/小林稔侍 高島礼子 壇蜜 荒井陽太 ほか
豊田の山あいで豆腐屋を営む初老の男・島田勇作。
勇作の作る豆腐はそんじょそこらの手作り豆腐とは月とすっぽん、味が違う。そこにはものづくりの魂があった。
そんな勇作の元に東日本大震災で家族を失った一人の少年が引っ越してくる。 遠い親戚の勇作を頼ってきたのだ。
大きな悲劇の後で固く心を閉ざした少年と、無口で実直な男の暮らしがはじまる。
豊田の自然と街並みの中で繰り広げられる、「ものづくりの魂」と「こころの復興」を描く感動の物語。

2017年3月~4月、豊田市内約40ヶ所で撮影が行われた「星めぐりの町」は、同年11月に豊田KiTARAにて先行上映、2018年1月より全国公開されました。
小林稔侍映画初主演作、豊田を舞台にした感動作を見逃した方のために、市内交流館等で上映会を開催します。どうぞご来場ください!  

Posted by <TAG>事務局 at 11:52Comments(0)映像2月3月

2019年02月09日

【<TAG>通信映像版】2019年2月号「あいちトリエンナーレ地域展開事業 現代美術in豊田を巡る」アップしました

<TAG>通信[映像版]をアップロードしましたので、どうぞご視聴ください。
※映像はYouTubeにアップされています。視聴無料です。

<TAG>通信[映像版]とは
豊田及びその周辺地域の、演劇・映像・音楽・アート、その他面白そうなことについてテーマを設定し、<TAG>発起人の石黒秀和と清水雅人がホストになり、ゲストを迎えて議論します。ゲストから、テーマの事業のなりたちや経緯、関わっている方たちの想い、現状やこれからの期待と課題などについて話を伺います。

第27回「あいちトリエンナーレ地域展開事業『Windshield Timeーわたしのフロントガラスから』現代美術in豊田を巡る」
今月は特別編として、1/19~2/11にとよたまちなかで開催中の「あいちトリエンナーレ地域展開事業『Windshield Timeーわたしのフロントガラスから』現代美術in豊田」の展示会場を、本事業の担当者でキュレイターでもある豊田市役所文化振興課の天野一夫さんに解説いただきながら巡りました。 → https://youtu.be/2H05O8OFSBU
ゲスト関連リンク一覧
あいちトリエンナーレ地域展開事業(豊田) → http://aichi-art.com/contemporary-art/index.html
あいちトリエンナーレ → https://aichitriennale.jp/
とよた市民アートプロジェクト Recasting Club → http://recastingclub-toyota-art.jp/

※今月はブロック2/情報編はありません、ご了承ください。

<TAG>サイトトップページでも見られます → http://toyotaartgene.com/
<TAG>のYouTubeチャンネル → https://www.youtube.com/channel/UCIjZssyxVzbc1yNkQSSW-Hg

ゲストプロフィール
天野一夫(あまのかずお)
豊田市役所文化振興課副主幹。国際美術評論家連盟会員。1959年生まれ。学習院大学大学院博士前期課程修了。
O美術館学芸員、京都造形芸術大学教授、豊田市美術館チーフキュレーターを歴任。
主な企画展に「書と絵画との熱き時代」展(O美術館、1992年)、「ART IN JAPANESQUE」(O美術館、1993年)、「「森」としての絵画 – 「絵」のなかで考える」展(岡崎市美術博物館、2007年)、「六本木クロッシング2007:未来への胎動」(森美術館、2007年/共同企画)、「近代の東アジアイメージ – 日本近代美術はどうアジアを描いてきたか」展(豊田市美術館、2009年) [同展で、倫雅美術奨励賞美術史研究部門 (2010年) 等受賞 ] 、「変成態―リアルな現代の物質性」展(gallery αM、2009~10年)など。
主な著作に『「日本画」 – 内と外のあいだで』(ブリュッケ、1994年、共著)、『美術史の余白に――工芸・アルス・現代美術』(美学出版、2008年、共著) 、監修『復刻版 書の美』(国書刊行会、2013年)等がある。

  

Posted by <TAG>事務局 at 07:22Comments(0)<TAG>通信映像版