› <TAG>Toyota Art Gene › 演劇 › 5月 › 【演劇】LOFTセレクション第2弾 刈馬演劇設計社PLAN-12 「フラジャイル・ジャパン」(5/17~27)

2018年04月25日

【演劇】LOFTセレクション第2弾 刈馬演劇設計社PLAN-12 「フラジャイル・ジャパン」(5/17~27)





豊田で活躍する役者 古場ペンチが名古屋の刈馬演劇設計社プロデュース公演に客演します。

LOFTセレクション第2弾 刈馬演劇設計社PLAN-12
「フラジャイル・ジャパン」

【公演日】5月17(木)~5月27日(日)
【場所】ナビロフト
【作演出】刈馬カオス
【出演】くらっしゅのりお(フリー)、金原祐三子(avecビーズ)、岡本理沙(星の女子さん)、元山未奈美(演劇組織KIMYO)、今津知也(オレンヂスタ)、内山ネコ(劇団んいい)、まとい(劇団蒼天の猫標識)、TERU(なんだかんだクレイジー)、古場ペンチ(Pinchi番地)、佐野かおる(フリー)
【チケット】前売 一般2800円 U‐25 2300円 高校生以下1800円 当日券各料金から+200円
【あらすじ】ある地方都市を記録的豪雨が襲った。
山を削ってできた住宅地は土砂崩れに飲まれ、中学校で教師・生徒あわせて34名の命が奪われた。
生徒の遺族は、亡くなった教師の避難指示に過失があったとして、提訴。
小さな街は、険悪な人間関係によって引き裂かれてしまった。
あれから9年。
街は復興しているが、あの校舎は当時のまま。
剥き出しのひしゃげた鉄骨、泥汚れが落ちない壁、雨風にさらされた黒板・・・。
生徒の遺族は、時折訪れる見学者のために語り部ボランティア活動を続けていた。
しかし、10年目を迎えるにあたり、一区切りつけて撤去すべきとの声が上がる。
そんな時、負の遺産を活用した観光地化計画(ダーク・ツーリズム)が持ち上がり、ふたたび街の人間関係が揺れ始める。
発案者は、提訴された亡き教師の、子供だった。
詳しくはサイトをご覧ください https://karumaengeki.wixsite.com/karuma


同じカテゴリー(演劇)の記事画像
【演劇】劇団ドラマスタジオ「光の春」(12/1、2)
【演劇】とよたこども創造劇場「星へ行く街」(11/4)
【演劇】Pinchi番地第7回公演「カノジョまでの距離、そのあらゆる線分の長さ」(11/3、4)
【アート・その他】農村舞台アートプロジェクト2018 ライブ公演、展示(9/16、22、10/7、11/18~25)
【アート・その他】足助ゴエンナーレ『足助的芸術界隈』(9/15,16,17,22,23,24)
【演劇】『劇団・笑劇派20周年記念公演』 (9/15・16)
同じカテゴリー(演劇)の記事
 【演劇】劇団ドラマスタジオ「光の春」(12/1、2) (2018-10-31 00:00)
 【演劇】とよたこども創造劇場「星へ行く街」(11/4) (2018-10-30 23:51)
 【演劇】Pinchi番地第7回公演「カノジョまでの距離、そのあらゆる線分の長さ」(11/3、4) (2018-10-30 23:43)
 【アート・その他】農村舞台アートプロジェクト2018 ライブ公演、展示(9/16、22、10/7、11/18~25) (2018-09-13 04:51)
 【アート・その他】足助ゴエンナーレ『足助的芸術界隈』(9/15,16,17,22,23,24) (2018-09-13 03:35)
 【演劇】『劇団・笑劇派20周年記念公演』 (9/15・16) (2018-09-12 08:05)

Posted by <TAG>事務局 at 06:02│Comments(0)演劇5月
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。